江戸歌舞伎 鏡獅子四体セット

by ARISA渡辺妙子

通常価格:¥330,000 税込
¥231,000 税込
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
江戸城新年の催し物で、舞の名手弥生が指名され踊ります。鏡餅と共に飾られていた獅子頭を手に舞い続けると、あまりに見事な舞に獅子の精が弥生に乗り移ります。獅子の姿になった弥生・庭に飛んでいた蝶々も子供の姿になり共に舞います。 荒々しく頭を振る鏡獅子とあどけなく舞う蝶々達。坂東玉三郎の歌舞伎舞台に取材し表現しました。


独モヘア・独アルパカ・独ガラス目・1ジョイント・髪すが糸
衣装正絹・身長25.0cm~36.0cm・桐箱入


2016年ゴールデンジョージ受賞作品 鏡獅子&蝶々
2017年ノミネート賞受賞作品    弥生

カテゴリ一覧

ページトップへ